病気のニオイが消えた?!その

 

今年は年明けからとてもうれしいことがありました。

 

それは「私の知識とスキルで身近な大切な人の力になれたこと」です。

 

私がいつも学び続けるのは

私にとって身近な大切な人や私を信頼してくださる皆さまのチカラになりたいからなのですが

 

一般的に、セラピストにとって身内への関わりというのはなかなか難しいもので

身内は照れや甘えもありなかなか受け入れてくれないものなのです。

 

 

 

年末年始は下関に帰省していました。

そして抗がん剤治療中の義母に

会って話して施術することがやっと叶いました。

 

副作用は比較的軽い方とはいえ

年末に会った義母はとてもしんどそうで何をする気力もあまりないようでした。

副作用からか水を触ると指先が痛いようで料理をするのも辛いようでした。

 

抗がん剤で免疫力が下がっているので生ものはドクターから禁じられているため

用意してくださったお刺身を私たちが食べている間はベッドでくつろいでいて

生ものを食べ終わってから母はベッドから出てきて

私がすき焼き奉行を仰せつかり、一緒に(お歳暮の)特上肉のすき焼きをいただきました。

 

お刺身を食べられないことについては

以前に電話サポートのときに提案した「イメージよろこび満たし」を

実践してくれているようでした。

 

 

★病気のにおいが消えた〜その▲

 

コメント